礼文島の自然を楽しむ人のために              e-mail:rebuncle@lilac.ocn.ne.jp
  レブンクル自然情報
        NO.62 2000/4/10 レブンクル自然館 tel01638-6-1089 宮本 

       



■久種湖に渡り鳥が来る季節になりました。


  急に春がやって来ました。雪がいつまでも消えないと思ってスキーを楽しんでいたのも
 つかの間、気温が上り雨が降り、風が吹いて地面が見えてしまいました。久種湖も大備川
 の流れ込む付近はもう湖面が見えています。大備川や湖面の開いた場所に、渡り鳥たちが
 集まります。

  4月9日アオサギ4羽、ダイサキ1羽の姿がみられました。湿原と化した牧草地にはハ
 クセキレイ、ヒバリ、タヒバリなどが群れていました。海岸沿いの道路でも白い羽根のハ
 クセキレイが飛び回っていました。天売島や利尻島からはすでにヤツガシラの目撃情報が
 きているのですが、礼文島ではまだ目撃者がいないようです。
  4月になって確認された鳥はジョウビタキ、シロハラホオジロ、力ワラヒワ、コチドリ
 、キジバト、エナガ、べ二ヒワ、オシドリ、マガモなどです。冬の間も越冬していたと思
 われるヒガラやゴジュウカラはさえずりを始めました。スズメも元気に鳴くようになり、
 巣作りを始めたようです。

  海岸のウミネコやオオセグロカモメにも注目してください。夜耳を澄ますとゴメの夜鳴
 きが聞こえてきます。日中、磯の岩の上で2羽でつがいになっている様子が見られてきま
 した。海草をくわえて相手に渡したり、2羽で交互に鳴き合ったりもしています。相手の
 気持ちを確かめあっている様子です。2羽一緒にいるということは、これから巣の場所を
 捜して決めるのでしょうか?近所に作るのでしょうか、それとも利尻島の栄浜のような集
 団営巣地に移動するのでしょうか。新婚さんが家を捜すみたいで面白いですね。皆さんの
 近所にゴメが新居を構えたら教えて下さい。
     
 


 
ヤツガシラ、タゲリ、誰か見かけましたか?

  

  clip0025.gif (32380 バイト)
 

鳥25 ミヤマホオジロ
     深山頬白


 ホオジロ科 ホオジロ類
 L=15.5cm
 春先群れでやって来る。緑が丘グラン
 ドで、湿った芝の中から何かをついば
 んでいる様子が見られる。顔の黄色と
 黒の縞が見分けのポイント。

 

 



自然観察会

 4月16日(日)13時〜
 停電の日の観察会
 集合場所:久種湖・道場牧場牛舎前
 久種湖の渡り鳥と水芭蕉の様子を見ます。
 道場牧場には9日現在で11頭の子牛が生まれています。掃除をしている時間帯に行く
 と見せてもらえます。
 


お知らせ

 インターネットを使っている方へ

  レブンクル自然情報が毎月更新される度に、メールでお知らせします。希望者は表紙
  の一番上にあるレブンクルのアドレスまでメールください。

 『北海道 島の野鳥』販売しています。
  定価2,500円+税
  北海道の離島(天売、焼尻、利尻、礼文、ユルリ、モユルリ、大黒島、渡島大島)で見
  られる鳥の写真や鳥にまつわる話をまとめてあります。

 礼文島のホームベージ:石田英樹作
  http://www.d1.dion.ne.jp/~ishida_h/index.htm
  PDF版のレブンクル自然情報が、ダウンロードできます。
  内容を見るためにはAcrobat Readerが必要です。お試しください。

  


レブンクル今年の絵葉書二種「花の島7」「サロベツの風」お土産屋さんで
 好評発売中。

   


■フキノトウ探検隊  
 杣田美野里


  学校の坂道でフキノトウを見つけてきた娘は、さっそく今年は画用紙で旗を作りました
 旗には「フキノトウたんけんたい」の文字。得意そうにその旗を掲げて友達を誘ってフキ
 ノトウ探しに出かけました。手に手にビニール袋を待った探検隊の出動は3回におよび、
 日に日に収穫は多くなりました。

  我家のフキノトウの正しい楽しみ方は・・・・。その一、形の良いものを一つ選んで小
 さな水盤に生けて玄関に飾ります。やはり春一番の緑が目に留まるのか、訪れた人が「フ
 キノトウ出たのね」と反応してくれます。
  そのニ、押し花作り。花の部分は厚みがありすぎるので裏側を半分ぐらい切り取ります
 葉(額が正しいかも)を形よく広げて、紙とタイルに挿んで電子レンジで一分ぐらい。淡い
 緑と香を残した押し花ができ上がります。
  その三、苦みを楽しむ。定番はフキノトウ味噌と天ぷらです。花は苦みが強いので葉だ
 けを使います。細かく刻んで水にはなし、ぎゅっと絞って胡麻油で妙め、砂糖と味噌を入
 れてかきまぜます。アルミホイルの上に薄く延ばして包み、オーブントースターで味噌の
clip0026.gif (15593 バイト) 焦げる良い香がするまで焼きます。天ぷらはやはり葉だけ
を使い、衣を付けて高めの温度でさっと揚げます。揚げた
てに塩を振っておやつに出したら、おかわりををする子も
いれば、苦いと言って食べない子もいました。この味わい
、わかって欲しいんだけどな。

 フキノトウのフルコースは春が来たのを喜ぶ行事のよう
なものになりました。この子たちが大人になってもフキノ
トウを楽しむ娘になって欲しいと思います。ともあれ、こ
の大量にできてしまったフキノトウ味噌はどうしましょう
。そんなにたくさん食べるものでもないし・・・。喜んで
もらえるかどうか少々不安でしたが、探検隊の面々がご近
所にくばって歩いたのでした。


■3月 意外なほど雪が降り、ゲレンデは最高。
   

日付

               自 然 日 誌
 1日 快晴+0℃ 利尻が見える。上泊:アザラシ1頭。海馬島:アザラシ16頭。
子牛3頭目生れた−道場牧場。
 4日 晴れ+5〜+2℃ ウミネコ初津軽町数羽−片川。
 6日 曇りのち晴れ−0〜−2℃ 礼文岳登山:参加者5名、ホシガラス、ゴジュウカラ。
 7日 吹雪−3℃ 利礼航路欠航。
12日 晴れ−5℃ 午後一時的に大雪。ベンサシ:アザラシ10−美野里。
13日 曇−8℃ 上泊:アザラシ6。幌泊漂着鯨2頭確認−宮本。
15日 晴れ+2℃ 日の出の利尻。
18日 快晴−3〜−1℃晩雪 ベンサシ:オオセグロカモメ、ウミネコが番いになっている。
アザラシ16頭、オジロワシ1、オオワシ1、ハギマシコ群。
20日 快晴風冷たい−3℃ シメの群れが厳島神社に居た。力ワラヒワ、ウソの声−入舟。
三角山ツアー :参加者5名、10:00〜13:00富士見ケ丘発着、オオワシ亜成鳥1。
津軽町の防波堤にウミネコ百。
21日 香深晴れ満月−3〜5℃ ベンサシ:アザラシ12頭、シノリガモ多数。上泊アザラシ3、
ウミアイサ。海馬島:アザラシ79頭、オオワシ1、オジロワシ2。幌泊:オオギハクジラ♂
5m、シロカモメ多数。ウミネコが上泊までの東海岸で見られた。
久種湖氷上散歩:参加6名。子牛7頭目生まれた−道場
22日 晴れ後雪−3〜−7℃
24日 吹雪−2℃ 利礼午後欠航。
25日 吹雪−3℃ 利礼全便欠航。シメ保護−入船中村。アトリ落鳥−会所前山口。
26日 晴れ−4℃ 利礼全便欠航。
27日 晴れ−5℃ 利礼航路遅れた。幌泊の鯨は2頭とも流された。上泊:アザラシ1、カモメ3、
ウミネコ30。香深防波堤ウミネコ多数。ウミアイサ、シノリガモ多数。
28日 晴れ+3℃ 利尻クッキリ。ベンサシ:アザラシ8。沖でトド見た−佐藤。
30日 雪後快晴−2℃ 利尻クッキリ。利礼航路全便欠航。カシラダカ−香深井道場。
31日 快晴+4〜+5〜+2℃ ゴメが夜泣きしている。ムクドリ4羽−差閉道場。


■先月記録した鳥

 ハギマシコ,シメ,ウミネコ,カモメ,ホシガラス,カワラヒワ,アトリ,カシラダカ
  


■レブンクル自然情報は「ブック愛ランド礼文」に置いてあります。

 ・・・レブンクル自然館 рO1638−6−1089 宮本誠一郎
       


■自然情報コーナー(BOOK愛ランド礼文)にあります。

  花ガイド・旅ガイド・自然関連の本がたくさんあります。 

 レブンクル自然情報を始め道内外の自然情報を閲覧できます
  ・レブンクル自然情報・利尻島自然情報・リシリイ利尻町立博物館だより・サロベツファンクラブ・クッチャロ湖通信
  ・温根内通信・北海道ウォチングガイド・・・・・・・など
                  
 


礼文島の花案内ガイド「礼文・花の島花の道」
利尻島の花案内ガイド「利尻・山の島花の道」

北海道新聞社発行、書店、お土産店で発売しています。