礼文島の自然を楽しむ人のために
  レブンクル自然情報
                NO.54 1999/8/5 レブンクル自然館 tel01638-6-1089 宮本  

       



■イブキジャコウソウの香りを嗅いで・・・

 
  真夏の日差しによく似合う花があります。草原の花々の中にひときわ抜きんでて背を高
 くした花はエゾニュウとエゾノヨロイグサです。無数に咲かせた花にハエやアブなどの小
 さな虫が集まっています。長く伸びた茎にコエゾゼミが留まって鳴く姿も見かけます。岩
 礫地などで草木が背丈の伸ばせない地域ではマット状に地面を覆って育つ花々があります
 。4月に花を咲かせ今は黒い実を結んだガンコウラン、6月に花を咲かせて今はその実に
 紅みを増してきたコケモモなどの低木がそれです。その岩場をこれからの時期に桃色の花
 をいっぱいに咲かせて彩る花はイブキジャコウソウです。マルハナバチやセセリチョウが
 強い日差しの中、花にとまり、しきりに蜜を集める様子が見られます。ジャコウソウは麝
 香と呼ばれる強い香りがあります。花が咲くと顔を近付けるだけで香りをかぐことができ
 ます。また花が咲く前でもマット状に広がった葉に触れてそっとこすってみると、手の平
 に香りがつきます。山歩きで暑さのために頭がもうろうとしているとき、この香りは気つ
 け薬に感じます。お試しください。礼文林道の斜面には無残にも踏みつけられたイブキジ
 ャコワソウがあります。花の写真を撮りに来た方が足元の花を踏みつけて、上の方にある
 レブンウスユキソウなどの花を目指して斜面を登ってしまうからです。車でのすれ違いの
 際には乗り上げてしまう方も見かけます。せっかく花を見るために礼文島まで来たのです
 から、小さな草花にも注意をはらって、花の香りも楽しみながら散策してみてください。
 clip0013.gif (22969 バイト)
花24 イブキジャコウソウ
     伊吹麝香草


 シソ科イブキジャコウソウ属

 礼文島では低地から高地まで岩場また
 は砂れき地にマット状に生える小低木
 花は桃色、強い香りがあり、虫がよく
 寄る。


■高山植物の盗掘は犯罪です。現在特別警戒中です。掘っている人を見つけたら直に通
 報してください。

 


今月の礼文の花
    

今月の礼文の花

イブキジャコウソウ エゾシロネ
イワガラミ チシマワレモコウ=ナガボノシロワレモコウ
ウメバチソウ チシマアザミ
エゾオグルマ チシマリンドウ
エゾゴバナ ナミキソウ
エゾコゴメグサ ハチジョウナ
エゾニュウ ハナイカリ
エゾノヨロイグサ ハマエンドウ
オオヤマサギソウ ハンゴンソウ
カセンソウ ハクサンシャジン=ツリガネニンジン
カラフトニンジン ヒロハウラジロヨモギ
キツリフネ ヒロハクサンフジ
キンミズヒキ ミソガワソウ
クルマバナ ヤマハハコ
サラシナショウマ ヨツバヒヨドリ
シオガマギク レブンカラマツソウ=アキカラマツ
シコタンヨモギ

 



夜のスライド上映会

 8、9月一週一回程度、スライド上映会を行います。場所は香深井の緑が丘キャンプ場の管理棟
 で、時間は夜7時〜7時半。 
   8月5、11、19、25日
   9月1、8、16、22日
 礼文島の花、鳥、風景などを季節ごとにまとめてみました。毎回違ったものを上映できればと思っ
 ています。参加は無料、問い合わせはレブンクルまで。なお自分では名前のわからない花や鳥の
 写真などありましたら持ってきて下さい。
   


観察会のご案内 8月21日:久種湖&船泊海岸

 8月は蝶や蜻蛉などの虫の活動が盛んな季節です。またシギやチドリ等の鳥の南下は、すでに始
 まっています。新しい発見があるかも知れません。
   


レブンクル写真事務所の新しい絵葉書作品集できました。

 「サロベツの風」 宮本誠一郎

 花の島7「8月・初秋の頃」 杣田美野里


 礼文島の土産屋で好評販売中
   

 
■ 
杣田美野里


「どうぞ、エンジンを止めて」
  道北の豊富町、サロベツ原生花園の駐車場はこの季節、立ち寄る車で腹やかです。その
 周りを巡る水路の中には、北の湿原ならではの植物がひっそりと花を咲かせています。名
 前は「ヒメカイウ」。ミズバショウによく似ていますが、花期は遅く、6月中旬から下旬
 です。花を包む白い苞は7センチぐらいと小さくて実は赤くなります。サロベツ原野で一
 番見事な群落があるのは、実はその駐車場の大型バス専用駐車スペースの後ろなのです。
 だから「ヒメカイウ」も、それを見る人も排気ガスに悩まされています。1周20分ほど
 の原生花園の木道をお客さんが回るのを待つ間アイドリングをしたままのバスが多いから
 です。運転手さんも悪いけど、「やめて」とちゃんと言わない私はもっと悪いと考えて、
 先日トライしてみました。青いワイシャツを着た運転手さんに、「エンジンを止めてもら
 えませんか」と話しかけたのですが、答えは「うちのバスじゃない」でした。言う相手を
 間違えたようです。結局この日もちゃんと言えなかった私でした「アイドリングはやめま
 しょう。車天国の北海道だからこそ、走っていない時はエンジンを止めて、澄んだ空気と
 静けさを呼吸しようではありませんか。力いっぱいに短い夏を生きている花たちも動物た
 ちも、きっとアイドリングは嫌いだと思います。」こんな風なこと、さらりと言えたらい
 いのですが・・・・。
  平成11年7月15日読売新聞「はまなす」に掲載

「オオウバユリ賛歌」
  オオウバユリはユリの中でも最も美しくないユリかもしれません。若葉の時にはりっぱ
 な葉も、花時には痛んでいることが多いです。花も薄禄色であでやかさがありません。で
 も私はこの花を尊敬しています。今年五月に、幌延町の街中にある名林公園を訪ねた時は
 、おりしもニリンソウの日い花の盛りの頃でした。そしてハルニレやヤチダモの大木の林
 床を、つやつやとしたオオウバユリの芽生えが埋めつくしていました。花時にはさぞ見事
 だろうと想像していたのですが・・・・。六月の初めに行ってみると草丈50センチほど
 に伸びたオオウバユリが、無残にもほとんどすべて刈られていました。その時はがっかり
 したのですが、一か月後の七月初めに三たび訪れると、刈られたままその場に放置され、
 横たわっているオオウバユリが、蛇がかま首を持ちあげるように成長を続けているのです
 。そして蕾まで付けています。七月中旬にはそれらが開花して、林の底は甘い香りで満ち
 ていました。もしかして、このユリたちは実を結ぶまで生きることを諦めないつもりかも
 しれません。切り口はもう茶色く腐れていて、どこにも根とは繋がっていないのに、緑陰
 に守られているからでしょうか。その数は百以上はあるかと思われます。私は林床に一人
 座り、ヤブ蚊に襲われながら、オオウバユリの壮絶な生きざまを目の当たりにして感動し
 ていました。もし今度生きるのがいやになったら、この光景を思い出そうなんて思いなが
 ら。
  平成11年7月29日読売新聞「はまなす」に掲載
    


■7月の礼文島

  7月に道北の海岸に大量のウトウが漂着していた。礼文島の海岸でも30体以上が漂着
 していた。

  雨また雨の7月でした。晴天は二日と続くことがありませんでした。天気が悪いわりに
 気温は高く、20℃前後の日が続いていました。気温が高かったせいか22日には久種湖
 から流れ出る大備川で、魚の大量死が発生して役場、宗谷支庁による水質、水温調査等が
 行われた。死んでいた魚の種類はアメマス、トミオ、ヌマチチブ、ヤツメウナギ等でヨコ
 エビ、タマムシ等は生きていた。死因は酸素不足のようであるが、酸素不足となった原因
 の究明と対策が望まれる。

 7月の鳥
  アオサギ、アオジ、アマツバメ、イソヒヨドリ、ウグイス、ウソ、ウトウ、エゾセンニ
  ュウ、力ワラヒワ、キジバト、コマドリ、コヨシキリ、シマセンニュウ、ツツドリ、ノ
  ゴマ、ハクセキレイ、ヒガラ、ヒバリ、ベニマシコ、ヤフサメ

 7月の花
  レブンウスユキソウ、リシリソウ、チシマゲンゲ、イブキトラノオ、レブンソウ、ヨツ
  バシオガマ、エゾカンゾウ、チシマフウロ、エゾスカシユリ、ヒオウギアヤメ、ヤマブ
  キショウマ、オニシモツケ

                  


■レブンクル自然館・有料花ガイド始めました。
 フラワーガイドレブンクル・お待ちしています。
 


■レブンクル自然情報は「ブック愛ランド礼文」に置いてあります。

 ・・・レブンクル自然館 рO1638−6−1089 宮本誠一郎
       


■自然情報コーナー(BOOK愛ランド礼文)にあります。

  花ガイド・旅ガイド・自然関連の本がたくさんあります。 

 レブンクル自然情報を始め道内外の自然情報を閲覧できます
  ・レブンクル自然情報・利尻島自然情報・リシリイ利尻町立博物館だより・サロベツファンクラブ・礼文風土記 
  ・クッチャロ湖通信・温根内通信・北海道ウォチングガイド・・・・・・・など
                  
 


礼文島の花案内ガイド「礼文・花の島花の道」
利尻島の花案内ガイド「利尻・山の島花の道」

北海道新聞社発行、書店、お土産店で発売しています。