星観荘 歌集

FIELD INN 星観荘でよく歌われている唄を紹介します。
BGMにて「忘れないでおくれ」のメロディが流れています・・・   
(IE4.0以外では、BGMが鳴らない場合があります。)

忘れないでおくれ 


1.忘れないで 忘れないで この島のことを

  めぐり逢えた旅人たちの 子供のような眼を

  野山を飾る花よりも 美しいものがある

  それは花に囲まれた 飾らない君の笑顔 

  忘れないで 忘れないで 忘れないでおくれ
        
 
2.忘れないで 忘れないで この島のことを

  旅立つ船が見えなくなるまで ちぎれるほど手を
  
  振ろう 最果ての海の色より 澄んだものがある

  それは船のデッキの上で 手を振る君の涙 

  忘れないで 忘れないで 忘れないでおくれ

  どこかの街でまた逢おう 便りを書いてくれ

  君のことは忘れないよ さよなら旅の友達 

  忘れないで 忘れないで 忘れないでおくれ
  

 
君によせる想い



1.遠くはるかな君に向けて 夢の続きを綴ってみる 

  花に埋もれた北の街で 語り明かしたあの頃

  色とりどりの想いが舞う 夏と過ぎし日々の中で 

  君が藍い海ならば 僕は青い空になる 

  君に君に別れ告げても この想い冷めやらず

  君に君に寄せる想い 消す術をまだ知らず
  
 
 
 
 
2.風に吹かれ歩いた道 言葉なくしたあの想い

  明日のためにこの胸を 君の心で飾ろう

  君に君に別れ告げても この想い冷めやらず

  君に君に寄せる想い 消す術をまだ知らず

  ・・・

  
旅のふれあい
 
 

1.風がほほ吹く北の街は ふれあい求め旅したところ

  共に歩いたあの丘の道で ほら聞こえてくる愛の唄

  が 君を呼んでる

  また会おう、また会おう 風が綿帽子を運んでく

  また会おう、また会おう それがみんなの合言葉
 
 
2.朝日に映える利尻を眺め 心がなごむ香深の港

  ほのかに香る花の浮き島 誰もがみんなさわやか

  空に唄っているよ

  また会おう、また会おう 風が綿帽子を運んでく

  また会おう、また会おう それがみんなの合言葉
       
   
  
  

  
3.君と歩いた8時間コース 愛とロマンが生まれたは

  ずさ スコトン岬から地蔵岩まで 手に手にとって

  歩いたね あの海岸通り

  また会おう、また会おう 風が綿帽子を運んでく 

  また会おう、また会おう それがみんなの合言葉


4.人と出逢って人を旅する 語り明かして心が通う 

  みんなそれぞれ想いを胸に旅立っていく

  今この時を明日に向かって

  また会おう、また会おう 風が綿帽子を運んでく

  また会おう、また会おう それがみんなの合言葉
       

 
旅の終わり

 
1.夢のような旅だった 遠い北の国の

  僕は旅のよろこびと 旅のつらさを知った

  北の国の少女たちと 過ごした夢のせつな

  明日は君もほかの街へ 僕もほかの街へ

  こんなつらい旅なんか もういやだ

  旅を終わろう 汽車にのろう

2.共に山に登ったね 君と手をとりあって

  共に海を見ていたね 水は青く澄んで

  君の心が青く澄んで 僕の心がとりもどす 

  海の青さ
 
 
 

3.人と人との出逢いなんて いつも別れで終わる

  僕は君のくれた夢を 明日も持ち続けよう

  こんなつらい旅なんか もういやだ

  旅を終わろう 汽車にのろう

  こんなつらい旅だけど 強く生きることを知った

  旅の終わり